SOH

Blog

「センス」は才能じゃない

センスは持って生まれてきた才能、なんて思われがちですが、
私の考えは少し違います。

 

センスは感受性。誰もが持っている感覚。
「私はこれがいい、これが好き」という区別基準のようなものだと思っています。

それが他の人のそれと合うか合わないかは全く別問題。

 

 

「私はセンスがないので・・・」と言ってしまうとき、
自分の選択が他の人と合っているかが不安だったりしませんか?

でも、他の誰かが関わらない時、自分の好きなものは迷うことなく選べたりする。

 

一人でも選べないのは、「どれも素敵!」「どれも美味しそう!」なんて全部が魅力的に思えるときか、
予算だったり機能だったりに制限があり、「妥協しなければ選択肢がないとき」くらいではないでしょうか。

 

他人の判断基準だったり、制限があったり、
自分の純粋な心の基準に迷いが出るから、
「センスがない」と言ってしまうのだと私は考えています。

 

 

何を隠そう、私自身が会社で「お前はセンスない」と言われ続けてきたひとり。

 

よし、これはお客様のご要望も叶えるいいプランができた!
と思って営業に持っていっても「だめ」。

 

リフレッシュできる空間を、と家具を選んでも「センスがない」。

 

そして、何がダメなのか、どうセンスがないのか

フィードバックがないので何をどうしたらいいのかが分からない。

 

 

大学を出て、働きながら写真や夜間でインテリアデザインの勉強をして。
設計したインテリア課題が「優秀作品」と評されたこともあるし、
何より会社の入社テストで図面も内装パースも描いて、内定をいただいた。
必死で勉強して、評価されてきた身としては正直に言ってこれ以上ない屈辱でした。

 

 

一方で、私から見て
「それはちょっと品位にかけるんじゃないかしら?」
「正直素敵とは思えない・・・」というようなデザインが採用されていく。

 

なるほど、
私の「いいと思う基準」、彼らの「いいと思う基準」にズレがあるんだな。
とそのときにハッと気づいたのです。

 

 

いまだに会社でも何かを選ばなければならない時、
「私は皆さんとセンスが合うかどうか・・・」と言ってしまうことがありますが、
それはこんな事情からなんだな、と書きながら改めて感じているところ。

 

 

自分のセンスを認めてもらいたい!と思うなら、
二つの方法がパッと思いつきます。

 

「センスの合う人達と仕事をする」か
「センスがいい、と言われるものを知り、真似ぶ(真似て学ぶ)ことで感覚を研ぎ澄ます」か。

 

前者はすなわち価値観が合うということ。もちろんこちらも大切ですが、
後者なら、自分の「いい!好き♡」の幅も広がりますし、より多くの人の心を掴む仕事に繋がる気がしませんか?

 

センスは磨けば光る宝石の原石のようなもの。
だったら、磨いた方がきっといい!

 

 

ご自身で納得できる仕事を思い切りしたいと思う方こそ、
センスを磨く、研ぎ澄ますことを続けて欲しいな、と思います。

  1. 2021.01.01

    2021年。心と体を大切に。

  2. 2020.12.15

    「センス」は才能じゃない

  3. 2020.12.15

    「福原みのり」を名乗る理由

  4. 2020.12.15

    「好きを仕事にする」前に「仕事が好き♡」になろう

  5. 2020.12.14

    「働くを幸せに」のココロ

Fukuhara Minori Fukuhara Minori
sense of happiness 「ずっと誰かに話したかった」そんな想い、聞かせてください。 CONTACT